メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
検査画像
ナースが“臨床につなげる”ための急性期画像セミナー
はじめての胸部X線・CTのみかた




○ 受講対象 ○
● 救急・ICU勤務で日常的に胸部の画像を目にしているが、自信がなくて学び直しをしたい方
● 循内・心外など上記以外の所属、心臓の解剖や正常画像など基本から学んでみたいという方

【船曵先生からのメッセージ】
 現代医療において、画像検査は必要不可欠な検査の一つになっています。特に急性期では、画像から得られる情報は治療方針決定に大きく関与します。
 自分が胸部単純X線写真を撮影されたことがない人はいないと思います。一方で自分の写真を見たことがない人も多いのではないでしょうか。どのような撮影方法で撮影することにより、画像はどのように変わるのでしょうか。当然撮影方法が変われば、正常像も異なります。胸部の写真は呼吸循環状態に影響を及ぼす大きな情報を含んでいます。
 緊急性が高い疾患も多く、画像所見をきちんと拾い上げないと、生命にかかわってきます。どうしたら、その緊急性を見逃さないのか、どう患者管理に反映させたら良いのかを考えなくてはなりません。
 胸部外傷も緊急性が高いものが含まれております。 外傷診療の基本は、生理学的兆候から評価・処置を行うプライマリーサーベイ、解剖学的異常所見から評価・処置を行うセカンダリーサーベイ、と全国的に標準化されております。その基本となる考え方から胸部における画像所見の考え方まで学んでいただきたいと思います。



◆プランナー・講師
・船曵 知弘
(済生会横浜市東部病院 救命救急センター部長)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
2〜3名  17,000円(1名分)
4名〜  16,000円(1名分)

東京 受付中
2018年02月18日(日)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

○○ こちらもあわせて受講されることをオススメします ○○
はじめての頭部CT・MRIのみかた
はじめての腹部X線・CTのみかた


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2018 メディカ出版