メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
一般外科 ★150分でわかる!シリーズ
麻酔科医が教える!
術後全身管理 10 の要点
術中と術後のリンクを考える



★病棟・ICUナース必聴★

どこに注意する? なにが起こりえる?
◎ 押さえておくべき手術操作と麻酔の影響
◎ 必須! 患者さんの変化に「気づく」ための観察ポイント
◎ 申し送りや引き継ぎのときに必ず確認してほしいこと

あれっ?患者さんの様子がおかしい? これってあぶない徴候では・・・
最低限みるべき術後のポイントを、整理しながら解説します!

「申し送りで、術後管理に必要な情報を聞き出せていますか?」
 〜さぬちゃんからのメッセージ〜

 その申し送りは、本当に術後患者管理に役立つのか? 自問自答してみてください。
 手術室看護師は、きちんと役立つ情報を伝えていますか? 病棟・ICU看護師は、きちんと術中の様子を把握して術後管理に役立つ情報を聞き出せていますか?
 いつも患者さんの状態がよく、トラブルがないというのであれば問題はありません。しかし、そんな患者さんだけではないはずです。
 ちょっとおかしい、いつもと違ったことはなかったでしょうか。それに気づけていたでしょうか。それに気づかないのは、手術室での医療を理解していない病棟・ICU看護師の弱点です。気づかせられないのは、術後の経過を知らない手術室看護師の弱点でもあります。
 お互いに共通の認識を持って患者さんを観察したら、よいことだらけです。そんな観点から、麻酔科医として術後全身管理の要点をレクチャーします。



◆プランナー・講師
・讃岐 美智義
(広島大学病院麻酔科講師)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  9,000円

東京 受付中
2018年03月17日(土)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール

神戸 受付中
2018年03月18日(日)
会場: 兵庫県農業会館 [会場詳細]  11階大ホール

同日の午前(9:30〜12:10)には、讃岐美智義先生の「局所麻酔と鎮静トラブル」セミナーを行います。あわせてのご参加をおすすめします。


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2018 メディカ出版