メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
急変 ★150分でわかる!シリーズ
Dr.力丸流
バイタルサイン・ABC・モニタリングのオキテ
受け持ち患者を重症化・急変させない3大ポイント



-*-*- Dr.力丸からのメッセージ -*-*-

  ACLSなどの急変対応スキルが、本当に患者さんを救いえたか?セミナー業界の鉄板ネタである「急変対応」。その代名詞でもあるACLSはこの10年の間に瞬く間に普及が進みましたが、思っていたほどの効果はありませんでした。
 急変対応は、急変してからでは遅い(治療成績も悪い)、しかも心肺停止に至っていたとすると、もう目も当てられない。そう、大切なことは、「急変させない」こと。すべての急変は防ぎえるものなのです。
 「え?人間みんな死ぬじゃん…」ですって?
 事前にどんなリスクがあるのかを把握し、適切なモニタリングをする。できる手立てを打っていたにもかかわらずに悪くなってしまう「重症化」と、予期せぬことが起こり、対応が後手後手に回ってしまう「急変」とは、全く意味合いが異なるのです。
 早期発見、早期介入が重要!聞こえは良いですが、このままでは「世界平和」を唱えるのと同じくらい、臨床的に意味をなさないただのきれいごとです。このセミナーでは、そのための具体的な方法論についてお伝えいたします。



◆プランナー・講師
・古川 力丸
(医療法人弘仁会板倉病院救急診療部部長)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  9,000円

東京 受付中
2017年12月09日(土)
会場: 損保会館 [会場詳細]  2階大会議室

神戸 受付中
2017年12月10日(日)
会場: 兵庫県農業会館 [会場詳細]  11階大ホール

※同日の午後(13:30〜16:10)には、古川力丸先生の血液ガスがわかるセミナーセミナーが開催されます。


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版