メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
救急・ICU

救急・ICUにおける患者・家族ケア




難しい状況にあり、多くの問題を抱えている患者さんや、その家族へのかかわり方で悩んでいませんか?
終末期医療 コミュニケーション 心理的アプローチ 
看護師として「何ができるのか」「どうすればよかったのか」明日から“使える”会話の仕方や対応方法を導きます!

●○●讃井先生からのメッセージ●○●
 救急・ICUでは、救命のための診療や看護に全力が注がれ、患者や家族とのコミュニケーションは重視されてきませんでした。みなさんの中には、患者や家族にどのようにアプローチすればよいか教わった経験がなく、患者や家族の理解が得られずに困った経験がある方も多いのではないでしょうか。ドクターと話が食い違うこともありますよね。救急・ICUにおけるコミュニケーションは、なぜ難しいのでしょうか。

 救急室やICUの患者・家族は、容態の急激な変化をすぐには受け入れることができませんし、命を救おうとすればするほど患者の“人間らしさ”が失われ、誰もが望まない状況になったりします。さらに、患者・家族は、“いざというときにどうして欲しいか”心の準備をしていないことがほとんどですし、鎮静などによって患者自身の意思の確認も難しいことが多いです。このような難しい状況の中で、お互いの理解を深め、“悪い知らせ”も伝えなければなりません。

 このセミナーでは、重症患者やその家族、ドクターとのコミュニケーションに必要な用語や理論を整理した上で、お互いをよりよく理解するために何を知っておくべきか、どう話せばコミュニケーションがスムーズに進むかを実践的に学びます。

 是非このセミナーにご参加いただき、明日から現場で“使える”会話法、対処法を学んでください。



◆プランナー・講師
・讃井 將満
(自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部教授)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
3〜5名  17,000円(1名分)
6名〜  16,000円(1名分)

大阪 受付中
2017年11月19日(日)
会場: 大阪私学会館 [会場詳細]  4階 講堂

東京 受付中
2017年12月02日(土)
会場: 建築会館 [会場詳細]  1階ホール


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版