メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
周産期医療
毎日使っている人も、毎日眺めている人も…
わかる!できる!助産師が知っておきたい超音波検査
座学・講義形式 (ハンズオンはありません)



本セミナーでは、助産師が超音波検査をするために必要な実践力を養うことを目標にします。
これまで超音波に全く触れていない人も、明日から必ずできる気になります。


内診する手が“第1の目”、超音波検査は“第2の目”!?
〜 谷垣先生からのメッセージ 〜

 超音波は“産科医の第2の目”と言われています。助産師が医師と同じものを見ずしてどうします。超音波はむずかしそうでちょっと怖い?――本セミナーを受けてください。必ず「私にもできそう」と思って帰っていただきます。
 自分の施設ではできないからと思っている方、医師のやっていることがわかると、明日から自信を持って看護にあたれます。われわれ医師も、自分のやっていることを理解して看護するパートナーを求めています。さあ、一緒に超音波の世界へ!



◆プランナー・講師
・谷垣 伸治
(杏林大学医学部産科婦人科学教室准教授)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
3〜5名  17,000円(1名分)
6名〜  16,000円(1名分)

京都 受付中
2017年11月25日(土)
会場: 京都リサーチパーク西地区 [会場詳細]  4号館地階バズホール


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版