メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
新生児

ケースで学ぶ
NICUナースにかかせない検査データのみかた





今回のキーワードは…
血液ガス・電解質・血糖・X線画像・超音波検査

パワーアップ版
検査データの変化が実際のケースで確認できるからナットク!


-*-*-*- 河井先生からのメッセージ -*-*-*-
 これまで、セミナーで好評だった「血液ガス分析の読み方」「血糖管理」を軸に、NICUナースに必要なデータの読み方をわかりやすく解説することにこだわったプログラムにしました。 
 成人とは違って、赤ちゃんは「痛い」「しんどい」・・・など訴えてくれることはありません。皮膚色・表情などから、赤ちゃんの状態をくみとるとこは極めて重要ですが、すべてのことが理学所見のみから把握できるわけではありません。そこで、重要となるのが、検査データをどう読むか? 異常値に対して、どう考え、どう対処するか? です。
 本セミナーでは、ひごろ目にしながらも、いまひとつ意味のわかりにくい検査値にスポットを当て、異常値のでるメカニズムを解説します。異常値のでるメカニズムを理解し、その対処法を学ぶことが、あなたのナーシングスキル向上にきっと役立つと思います。



◆プランナー・講師
・河井 昌彦
(京都大学医学部附属病院小児科(新生児集中治療部)病院教授)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
2〜3名  17,000円(1名分)
4名〜  16,000円(1名分)

京都 受付中
2017年12月03日(日)
会場: 京都リサーチパーク東地区 [会場詳細]  1号館4階サイエンスホール

東京 受付中
2017年12月16日(土)
会場: 損保会館 [会場詳細]  2階大会議室


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版