メディカ出版
セミナー詳細

臨床(看護・助産・その他医療スタッフ)
周産期医療
分娩 と 救急 に関わる すべての医療従事者 のための
母体急変時の初期対応




急変する分娩。母体が危ない! あなたはどうする?!

バイタルサインから妊産婦の異常を読み取りすばやい対応ができる!
産後に大量の出血。止まらない…
分娩中、どんどん呼吸が苦しそうになっていく…
何を考える?搬送のタイミングは? 現場で行うべき処置は?
こんな場面、あるある!!
そんな状況になったら、どうしよう…
分娩にまつわる急変シーンを講師がお芝居で再現
だから、イメージできる! 理解できる!!

★J-CIMELS実技講習の予習・復習にも最適のセミナーです★


●○●山畑先生からのメッセージ●○●
「産科」から「救急」へつなぐ…
妊産婦の救命処置を成功させるカギがここにあります。

○正常な分娩経過の妊産婦が急変することは、分娩に携わる者にとって一番怖いことです。分娩の現場で、正しい初期対応ができるか? 救急搬送の判断・準備は正しく行われているか? あなたの施設はいかがでしょうか?

○搬送を受け入れる側の救急ナースは、妊婦急変の特性を知っておく必要があります。一般成人のBLS・ACLSの知識だけでは、じゅうぶんな対応はできません。

○妊産婦に特化して作成した「京都プロトコール」をもとに、産科医と救急医がそれぞれの立場から急変時の観察ポイントと対応をレクチャーします。状況を頭の中でシミュレーションしながら学べるよう工夫して構成しているので、とてもわかりやすく学んでいただけます。

妊産婦にかかわる多くのスタッフの参加をお待ちしています!



◆プランナー・講師
・山畑 佳篤 【救急医の立場から】
(京都府立医科大学救急医療部/救急・災害システム学講師)
◆講師
・橋井 康二 【産科医の立場から】
(ハシイ産婦人科院長)

プログラム詳細>


お申し込み

■受講料
1名  18,000円
3〜5名  17,000円(1名分)
6名〜  16,000円(1名分)

神戸 開催直前
2017年12月16日(土)
会場: 兵庫県農業会館 [会場詳細]  11階大ホール

名古屋 受付中
2018年01月14日(日)
会場: 名古屋国際会議場 [会場詳細]  2号館3階234会議室


ご確認ください
キャンセル規約はこちら


3商品カタログ
5読むトク!

8マイページ

9ひとつ前のページに戻る
0トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2017 メディカ出版