メディカ出版
商品カタログ 商品詳細>目次

6か月(はじめ)よければすべてよし!
笑顔で子育て あんしん赤ちゃんナビ
・笑顔で楽しく子育てするために
・この本の登場人物を紹介します!
・ドクター水野からお母さんたちへ
・こころがスーッとらくになる10のメッセージ



【Part 1】 もうすぐ赤ちゃんが生まれるプレママへ
◆妊娠中のプレママのためのなるほど育児チャート

(1)うつる病気(感染症)から赤ちゃんを守りましょう
・近ごろ話題のウイルス・ばい菌に注意しましょう
・赤ちゃんだってカゼをひきます
・ママ友とのおつき合いはお互いを思いやって
・正しい手洗いは感染症予防の近道です!
・家族も予防接種を受けましょう
・ペットを手ばなす必要はありません


(2)アレルギーのこと、心配ですよね
・妊娠中に卵や牛乳をやめても、アレルギーの予防にはなりません
・アレルギー予防につながる食べものと生活習慣
・アレルギー体質そのものは遺伝(いでん)しやすいといえます
・アレルギーが心配なら、母乳で育てましょう
[Q&A]アレルギーのここが聞きたい!


(3)母乳? ミルク? どっちがいいの?
・お母さんのからだは母乳を出す準備をもうはじめています
・母乳パワーはこんなにたくさんあるんです!
・3つの原則にそっていけば、母乳は必ず出ます!
・母乳は簡単、そして経済的です
・仕事に復帰するからこそ、母乳育児が大切です
[Q&A]それでもミルクのほうがいいのでは?と悩むお母さんにドクター水野が答えます!


(4)赤ちゃんとの生活をほどよくイメージしてみましょう
・抱っこではじまる赤ちゃんとのきずな
・楽な姿勢で抱っこしましょう
・赤ちゃんのリズム、これだけは知っておきましょう
・快適にねんねできるお部屋づくりをしましょう


(5)産後のこころ・からだ あれこれ
・産後の変化、知っておくと安心です
・腰痛はひどくなる前に対策を
・腱鞘炎(けんしょうえん)はギプスや薬をじょうずに使いましょう
・産後のお母さんのこころは大きく変化します
・思い描いたような出産にならなかったお母さんへ


(6)上にきょうだいがいるときは
・上の子のちょっかいやいたずらは受け入れてあげましょう
・赤ちゃんは「若い愛人」!?
・テレビやDVDは家族できまりをつくりましょう



【Part 2】 おうちでの育児をスタートする前に
(1)赤ちゃんとのんびり楽しくつきあうコツ
・よく眠る赤ちゃん、よく泣く赤ちゃん、「みんなちがって、みんないい!」
・体重の増えかた、気にしすぎなくてだいじょうぶ
・ちょっとグチれる、ちょっと手助けしてくれる人をみつける
・赤ちゃんのサイン、だんだんわかるようになります


(2)お母さんが飲む薬と母乳
・注意が必要な薬はごく一部です
[Q&A]ばい菌やウイルスは、母乳から赤ちゃんにうつるの?


(3)少し早く、小さく生まれた赤ちゃん
・「少し早く、小さく生まれた赤ちゃん」の特徴
・出産予定日から数えた修正月齢(しゅうせいげつれい)で考えよう
・母乳が赤ちゃんへの最高のプレゼントです
・いっぱい抱っこで脳が育つ!
・注意したいRSウイルス
・退院後2週間で健診を受けましょう


(4)知って安心、赤ちゃんの黄疸(おうだん)
・黄疸はこわい? 悪モノ?
・黄疸の治療はお母さんのそばで
・母乳が黄疸を長びかせるわけではありません
・1カ月健診より少し早めに小児科でみてもらいましょう



【Part 3】 知って安心!赤ちゃんの気になる見た目・様子
◆経過や変化のあり・なしを見てくださいね
・目
・口の中・舌(した)
・からだ・顔・手足
・おしり・おまた・おちんちん
・おむつかぶれと区別したいおしりの皮膚炎(ひふえん)
[Q&A]男の子のおちんちん、フツウってどんなの?
・頭・首
・耳



【Part 4】 乳児健診はお母さんが元気になる場です
(1)健診を受ける前に
・健診を受ける場所を知っておきましょう
・その子なりのペースで成長していればいいのです
・健診を受けるコツを知っておきましょう
・「様子をみましょう」といわれたら
・「精密検査(せいみつけんさ) =深刻な病気」ではありません
・不安や心配ごとを解決して帰りましょう


(2)1カ月健診へ行こう!
・家族みんなに知ってほしい赤ちゃんのこと
・体重の増えかたが心配なときは授乳の様子をみてもらいましょう
[Q&A]1カ月健診でここが聞きたい!


(3)3〜4カ月健診へ行こう!
・周囲のものへの興味が増してきます
・コミュニケーションの発達スピードは赤ちゃんによってちがいます
・音に反応したり興味をもっているか注意してあげましょう
・ある日突然、寝返りをするようになります
[Q&A]3〜4カ月健診でここが聞きたい!


(4)6〜7カ月健診へ行こう!
・離乳食がはじまり、不安のタネも多くなるころです
・ぐんと世界が広がります
[Q&A]6〜7カ月健診でここが聞きたい!



【Part 5】 これだけ知ればOK! 予防接種のおさえどころ 
(1)本当に全部必要なの?
・タチの悪い病気から赤ちゃんを守る!
・先制(せんせい)パンチをくらわないために


(2)1歳までにうけたい予防接種
[Q&A]不活化ワクチンってなに?
[Q&A] 優先順位が高いものだけうてばいいの?


(3)じょうずなスケジューリングは?
・同時接種をうまく取り入れる
・生後2カ月からスタートするのが基本パターン
・BCGの予定にあわせてプランしてみましょう
・かかりつけの小児科医と相談しながらすすめていきましょう
[Q&A] 同時接種は本当に安全なの? 効果は?
[Q&A] 早めに生まれた赤ちゃんの予防接種はゆっくりでいい?



【Part 6】 十人十色! 赤ちゃんの飲む・食べる     
(1)母乳のお悩みを解決します!
・お母さんも赤ちゃんも、はじめはなれないものです
・「母乳が足りていないのでは?」と思うとき
・抱きかたはいろいろ。ベストポジションをみつけてください!
●3時間ごとの授乳リズムができてきた愛さんですが
●家族にかこまれて気楽に母乳育児を楽しんでいる裕子さんですが
[Q&A] 母乳育児ここが悩みどころ


(2)離乳食の第一歩は「食事を楽しむ」こと
・サザエさんの食卓を思いうかべて
・テレビやスマホは電源オフで
・忙しくない時間帯からはじめましょう
・ひざの上で食べさせてみましょう
・「授乳してから食事」の順番でもOKです
・新しい食品を増やすときは少し注意を
・やわらかさは赤ちゃんの発達にあわせて
●手作りが一番と意気ごむ美穂さんですが
●小さく生まれた赤ちゃんにたくさん食べてほしい真由美さんですが
[Q&A] 離乳食ここが悩みどころ





◆退院おめでとうございます!4人のお母さんたちへのエール
・冬、シングルマザーのがんばり屋さん 美穂さんへ
・春〜夏、2人目の赤ちゃんを迎えた裕子さんへ
・夏、はじめての育児をスタートする愛さんへ
・秋、少し早く小さく赤ちゃんが生まれた真由美さんへ



◆ちょこっとおまけ◆ ドクター水野のおすすめえほん

・さくいん

<ひとつ前のページに戻る


1ショッピングカート
1お気に入りリスト
    ご利用ガイド


4セミナー
5読むトク!

8マイページ

1ひとつ前のページに戻る
1トップページ


▲ページトップに戻る



(C) 1996-2018 メディカ出版