呼吸器領域のお知らせ

2013年06月26日

【おすすめ】好評既刊「血液ガス・酸塩基平衡」編

呼吸ケアスタッフには血液ガス・酸塩基平衡の知識が必須ですが、すぐ難しい数式が出てきたりするせいで苦手な方も多いのではないでしょうか。ここでは、ややこしいこと抜きで実際の看護に使えるポイントを楽しくつかめる3冊を紹介します。



『おもしろいほどスラスラわかって臨床につかえる! 血液ガス・酸塩基平衡教室』

全国各地でのセミナー・講演などで大人気の尾﨑孝平先生が、すべて単独で書き下ろした1冊です。「初心者にHenderson-Hsselbalchの式は不要!」と言い切ったり、酸塩基平衡を収支報告書に例えて赤字と黒字で考えたり、まさに「おもしろいほどスラスラわかって臨床に使える!」書籍です。楽しんで学ぶうちに、3学会合同呼吸療法認定士試験レベルの知識が身に着いていること請け合い!


『おもしろいほどスラスラわかって臨床につかえる! 血液ガス・酸塩基平衡教室』商品詳細はコチラ



『呼吸器ケア』2012年6月号

呼吸ケアの臨床・教育専門誌『呼吸器ケア』のバックナンバーから1冊はこちら。上記の尾﨑先生がプランナーをつとめた特集「臨床場面でわかる、使える 血液ガスと酸塩基平衡」では、血液ガス・酸塩基平衡の基本を改めて解説しつつ、症例にもとづいて患者症状と併せた危険なデータの見抜き方まで話を進めています。刊行から1年経ちましたが、まだまだ売れ続けている好評号です!


『呼吸器ケア』2012年6月号商品詳細はコチラ



Smart nurse Books 10『やりなおしの呼吸と循環 とことんマスター』

血液ガス・酸塩基平衡に限定した内容ではありませんが、呼吸と循環のしくみをイラストでわかりやすくまとめた1冊です。呼吸・循環生理の全体像をつかむことで、血液ガス・酸塩基平衡もぐっとわかりやすくなるのではないでしょうか。正常・異常をきちんと理解して、あいまいな知識から脱出するために、「やりなおし」してみませんか?


Smart nurse Books 10『やりなおしの呼吸と循環 とことんマスター』商品詳細はコチラ