商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
成人看護学(5):リハビリテーション看護 第3版

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,888円(本体3,600円+税)
発行 : 2017年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 296頁
ISBN-10 : 4-8404-5377-2
ISBN-13 : 978-4-8404-5377-6
商品コード : T720133
資料請求
超高齢社会に向けて重要視されるリハビリテーション看護。その専門性と役割、ICF(国際生活機能分類)を用いたプラス志向の視点など、看護師に求められる「リハビリテーション・マインド」を育む一冊。臨床で役立つ事例も豊富に収載。

「はじめに」
「シラバス・授業計画案」

帝京科学大学 医療科学部看護学科教授 奥宮 暁子 編集

目次を表示

・はじめに
・本書の特徴



【ARコンテンツ】
・「メディカAR」の使い方
・セルフケア再獲得モデル〈動画〉
・日常生活自立支援事業〈動画〉
・胸郭と臓器〈3D回転モデル〉
・呼吸と横隔膜〈アニメーション〉
・心臓〈3D回転モデル〉
・刺激伝導系〈アニメーション〉
・骨格筋と筋原線維〈動画〉
・興奮情報の伝導〈動画〉
・関節可動域訓練(ROM訓練)〈動画〉
・運動機能障害のフィジカルアセスメント(病室での一例)〈動画〉
・移動に関わる機能のアセスメント〈動画〉
・呼吸と嚥下〈アニメーション〉
・食道・胃・十二指腸〈動画〉
・嚥下障害(嚥下造影検査;VF)〈動画〉
・消化器系〈3D回転モデル〉
・胃の構造〈動画〉
・小腸の構造〈動画〉
・通路としての消化管〈動画〉
・腎臓の働きと腎不全に関する基礎知識〈動画〉
・濾過と再吸収のしくみ〈動画〉
・脳神経〈3D人体映像〉
・脳梗塞患者の看護(失語症)〈動画〉
・コミュニケーション機能のアセスメント〈動画〉
・眼球の動きと神経支配〈3D人体映像〉
・視覚の遠近調節〈動画〉
・視野欠損と視覚路の障害部位〈アニメーション〉
・聴覚伝導路のしくみ〈動画〉
・平衡覚伝導路のしくみ〈動画〉
・依存による自立〈動画〉
・歩行補助器〈動画〉
・生活内容・健康状態のアセスメント〈動画〉
・起居動作の介助〈動画〉
・右麻痺患者のADL支援(ベッドから車椅子への移乗)〈動画〉
・嚥下リハビリテーション〈動画〉
・食事動作〈動画〉
・右麻痺患者のADL支援(更衣)〈動画〉
・右麻痺患者のADL支援(車椅子から便座への移乗)〈動画〉
・右麻痺患者のADL支援(便座からの立ち上がり)〈動画〉
・脊髄(頸髄)損傷患者の更衣〈動画〉
・くも膜下出血患者の看護〈動画〉
・ALS患者からのメッセージ〈動画〉
・福祉機器の一例〈動画〉
・脳卒中急性期にある人の看護〈動画〉
・脳卒中回復期にある人の看護〈動画〉
・脳卒中家庭復帰期にある人の看護〈動画〉



【1 リハビリテーションとは】
<1>リハビリテーションとは何か
(1)リハビリテーションの定義と考え方
(2)リハビリテーションを必要とする人とは
(3)リハビリテーションの目的

<2>リハビリテーションの歴史
(1)リハビリテーションのはじまり
(2)20世紀から現代におけるリハビリテーション
(3)国内におけるリハビリテーション

<3>リハビリテーションの領域
(1)教育的リハビリテーション
(2)医学的リハビリテーション
(3)社会的リハビリテーション
(4)職業的リハビリテーション

<4>リハビリテーション看護とは
(1)リハビリテーション看護の専門性と役割
(2)リハビリテーション看護の歴史的背景
(3)リハビリテーション看護のこれから

<5>時期および目的から見たリハビリテーション看護
(1)急性期リハビリテーションにおける看護
(2)回復期リハビリテーションにおける看護
(3)生活期(維持期)リハビリテーションにおける看護
(4)終末期(ターミナル期)リハビリテーションにおける看護
(5)予防的リハビリテーションにおける看護



【2 リハビリテーションに用いられる主要な概念】
<1>国際的な障害分類の確立
(1)国際生活機能分類(ICF)
(2)国際生活機能分類:児童版(ICF-CY)

<2>生活モデル

<3>ADL:activities of daily living

<4>セルフケア
(1)ICFにおけるセルフケア
(2)NANDA看護診断におけるセルフケア
(3)オレムのセルフケア理論/セルフケア不足理論

<5>QOL:quality of life
(1)VASによる主観的満足度
(2)健康関連QOL(SF-36(R))
(3)疾患の影響プロフィール(SIP)
(4)改訂PGCモラール・スケール

<6>ノーマライゼーション
(1)ノーマライゼーションの定義
(2)バリアフリーとユニバーサルデザイン

<7>エンパワメント
(1)エンパワメントの定義
(2)エンパワメント・プロセスと「内発的動機づけ」および「自己決定」
(3)エンパワメントの分類

<8>コーピング
(1)コーピングの定義
(2)コーピングの二つの基本的タイプ

<9>自己効力
(1)自己効力の定義
(2)自己効力を高める四つの情報源

<10>レジリエンス
(1)レジリエンスの定義
(2)レジリエンスの高い人の特徴



【3 リハビリテーションにおける倫理,法律,施策】
<1>障害者とは
(1)障害者の定義
(2)障害者数の変化

<2>障害者の権利
(1)障害者の権利に影響する施策の変遷
(2)障害者のアドボカシー
(3)障害者の権利を守るには:障害者の権利擁護
(4)リハビリテーションにおける障害者の倫理

<3>障害者を支える法律
(1)社会保障のしくみ
(2)自立と社会参加に向けて

<4>障害者を支えるサービス
(1)障害者手帳の取得:サービス利用前に
(2)障害者自立支援法から障害者総合支援法へ



【4 チームアプローチと看護の役割】
<1>リハビリテーション関連職種によるチームアプローチ
(1)チームアプローチとは
(2)リハビリテーション関連職種によるチームアプローチ

<2>多職種によるチームアプローチモデル
(1)チームアプローチの種類

<3>チームアプローチのための情報共有
(1)組織と職種による情報共有
(2)地域医療連携における情報共有
(3)医療と福祉の連携強化

<4>チームにおける看護師の役割
(1)チームのキーパーソンとしての看護師の役割
(2)チームにおける専門看護師・認定看護師の役割



【5 身体機能のメカニズムとアセスメント】
<1>呼 吸
(1)呼吸機能のメカニズム
(2)呼吸機能障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<2>循 環
(1)循環機能のメカニズム
(2)循環機能障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<3>運 動
(1)運動機能のメカニズム
(2)運動機能障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<4>栄 養
(1)摂食・嚥下機能のメカニズム
(2)摂食・嚥下障害のアセスメント
(3)栄養代謝のメカニズム
(4)栄養状態のアセスメント
(5)日常生活への影響

<5>排 泄
(1)排泄のメカニズム
(2)排泄障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<6>性(セクシュアリティ)
(1)性のメカニズム
(2)性障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<7>高次脳機能
(1)高次脳機能のメカニズム
(2)高次脳機能障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<8>視 覚
(1)視覚のメカニズム
(2)視覚障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<9>聴 覚
(1)聴覚のメカニズム
(2)聴覚障害のアセスメント
(3)日常生活への影響

<10>疼 痛
(1)痛みのメカニズム
(2)痛みのアセスメント
(3)日常生活への影響



【6 心理・社会的なアセスメントと援助】
<1>肯定的な自己概念:障害受容
(1)障害受障後の心理社会的反応
(2)自己概念と障害受容
(3)患者の生きる力を支えるケア

<2>家 族
(1)障害のある人と家族
(2)障害に対する家族の心理社会的反応
(3)家族の支援能力のアセスメント
(4)家族支援の方法

<3>社会の態度
(1)障害に対する社会の見方
(2)障害を克服することの意味

<4>居住環境
(1)居住環境がADL・QOLに与える影響
(2)居住環境のアセスメント
(3)居住環境の特徴を踏まえた援助



【7 生活の再構築へのアセスメントと援助】
<1>生活の再構築とは
(1)生活とは何か
(2)生活の再構築の目標と看護の方向性
(3)生活の再構築に必要な学習過程

<2>ICFに基づくアセスメント
(1)ICFによる生活機能と障害のアセスメントの視点

<3>生活の再構築のための支援
(1)主体性回復への支援
(2)安全・安楽の確保
(3)代償機能の活用
(4)活動・参加促進に向けたADL支援(学習支援)
(5)健康維持



【8 事例で学ぶリハビリテーション看護】
<1>慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<2>急性心筋梗塞患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<3>下肢切断患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<4>脊髄損傷患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<5>高次脳機能障害患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<6>筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び

<7>関節リウマチ患者の看護
(1)アセスメント
(2)介入計画
(3)看護の実際
(4)事例からの学び



【9 地域におけるリハビリテーション:脳血管疾患患者のケアの連携事例】
<1>脳血管疾患患者の看護(急性期)
(1)はじめに
(2)事例紹介
(3)入院1日目のケア
(4)入院2日目以降のケア
(5)入院後1週間以降のケア
(6)まとめ

<2>脳血管疾患患者の看護(回復期~生活期)
(1)はじめに
(2)回復期リハビリテーション(発症後2カ月半~)におけるアセスメント
(3)介入計画
(4)看護の実際・評価
(5)退院後のNさんの状況(生活期)
(6)おわりに



<コラム>
・IPW(専門職連携実践)とIPE(専門職連携教育)
・リハビリテーション栄養
・平行覚の障害とそのアセスメント
・NPPV導入およびPEG造設の意志決定支援



<資料>
・身体障害者障害程度等級表
・年表1:リハビリテーションとリハビリテーション看護の歴史
・年表2:障害者の権利に関する変遷



・看護師国家試験出題基準(平成26年版)対照表

・索引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません