商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ナーシング・グラフィカ
疾病の成り立ち(3):臨床微生物・医動物 第3版

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,456円(本体3,200円+税)
発行 : 2015年01月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 248頁
ISBN-10 : 4-8404-4910-4
ISBN-13 : 978-4-8404-4910-6
商品コード : T724082
資料請求
細菌、真菌、原虫、寄生蠕虫、節足動物、ウイルス、プリオンなどの生物学的な特徴をシンプルに解説し、それぞれの違いを比較しています。
感染症ごとに病原体の各論をまとめ、感染症と病原体の関連性を理解しやすい構成としています。
各論に事例(臨床場面ケーススタディ)を数多く掲載し、感染の発生状況や症状から病原体の特徴をつかみ、より深い理解に結び付くよう工夫しています。
感染防御機構の基礎を押さえ、身体の状態と感染症発症の関連を理解できるようにしています。
感染症の検査・治療・予防・行政対応について解説し、実践的・社会的な視点が養えるようにしています。
「はじめに」
「シラバス・授業計画案」

『ナーシング・グラフィカ』 オフィシャルサイト

名古屋市立大学 看護学部教授 矢野 久子

元 金城学院大学 薬学部教授 安田 陽子

目次を表示

・はじめに
・本書の特徴
・本書『臨床微生物・医動物』で学ぶこと
・臨床微生物・医動物一覧



【ARコンテンツ】
◆ 「メディカAR」の使い方
◆ 微生物の大きさ〈動画〉
◆ 常在微生物〈動画〉
◆ 細菌性食中毒の予防〈動画〉
◆ ヒト免疫不全ウイルス(Human immunodeficiency virus)〈動画〉
◆ 滅菌手袋の着脱〈動画〉
◆ 手洗い〈動画〉
◆ 尿検査の実際〈動画〉
◆ 薬剤感受性検査〈動画〉



【1 微生物・医動物とは】
(1) 臨床微生物・医動物の特徴
(2) 身の回りの微生物



【2 宿主の臓器・組織別にみる感染症と病原体】
<1> 呼吸器感染症
◆ インフルエンザウイルス
◆ 肺炎球菌
(1) 呼吸器感染症の種類と病原体

<2> 結 核
◆ 結核菌
(1) 結核と結核菌
(2) 結核の検査
(3) 結核の予防内服と治療

<3> 消化器系感染症
◆ 腸管出血性大腸菌O157
◆ コレラ菌
◆ 赤痢菌
◆ チフス菌,パラチフスA菌
◆ ヘリコバクター・ピロリ
(1) 消化器系感染症の種類と病原体
(2) 食中毒の予防・治療

<4> 肝 炎
◆ A型肝炎ウイルス
◆ B型肝炎ウイルス
◆ C型肝炎ウイルス
(1) ウイルス性肝炎
(2) 肝硬変
(3) 肝臓癌
(4) B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス感染患者の臨床経過
(5) 肝炎ウイルスの感染予防

<5> 尿路感染症
◆ 大腸菌
◆ 緑膿菌
(1) 尿路感染症の種類と病原体,尿検査
(2) 尿路カテーテルと感染予防

<6> 性感染症
◆ ヒト免疫不全ウイルス
◆ トラコーマクラミジア
◆ 淋 菌
(1) 性感染症の種類と病原体
(2) 性感染症の予防

<7> 皮膚・粘膜の感染症
◆ A群レンサ球菌
◆ 黄色ブドウ球菌

<8> 皮膚に発疹が出現するウイルス感染症とリケッチア感染症
◆ 麻疹ウイルス
◆ 水痘・帯状疱疹ウイルス
◆ つつが虫病リケッチア
(1) 皮膚に発疹が出現する感染症

<9> 脳・神経系感染症
◆ 髄膜炎菌
◆ 日本脳炎ウイルス
(1) 脳・神経系感染症の種類と病原体
(2) その他の神経系(疾患)症状を呈する感染症



【3 宿主の因子が影響する感染症と病原体】
<1> 人獣共通感染症
◆ オウム病クラミジア
◆ トキソプラズマ
(1) 人獣共通感染症
(2) 人獣共通感染症の現状と予防

<2> 寄生虫感染症
◆ アニサキス
◆ 蟯 虫
◆ マラリア原虫
(1) 日常生活と主な寄生虫感染症
(2) 輸入感染症に対するわが国の体制

<3> 小児の感染症
(1) A群溶血性レンサ球菌感染症の続発症
◆ ロタウイルス
◆ 百日咳菌
(2) 小児の予防接種

<4> 母子感染
◆ B群レンサ球菌
◆ 風疹ウイルス
◆ ヒトT細胞白血病ウイルス
◆ 単純ヘルペスウイルス
◆ 梅毒トレポネーマ
(1) 母子感染の経路と病原体

<5> 高齢者の感染症
(1) 誤嚥性肺炎
(2) 褥瘡感染
◆ 疥癬虫(ヒゼンダニ)
◆ ノロウイルス(小型球形ウイルス)

<6> 日和見感染症
◆ レジオネラ菌
◆ セパシア菌
(1) 日和見感染症

<7> 移植患者と感染症
◆ サイトメガロウイルス
◆ アスペルギルス
(1) 造血幹細胞移植
(2) 易感染状態の移植患者
(3) 移植後の感染リスクと病原体

<8> 手術創・外傷と感染症
(1) 内毒素(エンドトキシン)による感染症
(2) 穿孔性腹膜炎の病態
(3) 手術部位感染(SSI)のリスク因子:創の清浄度
(4) クロストリジウム属による感染症
◆ 破傷風菌
◆ ウェルシュ菌

<9> 血管内カテーテル関連血流感染症
◆ コアグラーゼ陰性ブドウ球菌
◆ カンジダ・アルビカンス
(1) 血管内カテーテル関連血流感染症の起因菌と予防

<10> 薬剤耐性菌
◆ メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
◆ バンコマイシン耐性腸球菌
◆ ESBL産生菌
◆ 多剤耐性緑膿菌
◆ 多剤耐性結核菌
(1) 抗菌薬の開発と薬剤耐性菌の出現の“いたちごっこ”
(2) 薬剤耐性の機序
(3) 薬剤耐性菌保菌者
(4) 薬剤耐性菌をこれ以上増やさないために



【4 感染症の分類と感染防御機構】
<1> 感染症と臨床微生物・医動物
(1) 感染症の主な分類
(2) 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)
(3) 感染成立の3要因と感染予防の基本

<2> 感染防御機構の基礎
(1) 感染抵抗力:自然免疫と獲得免疫
(2) 体液性免疫応答のプロセス
(3) 細胞性免疫応答のプロセス
(4) 一次免疫応答と二次免疫応答



【5 感染・発症予防】
<1> ワクチン接種と血清療法
(1) ワクチン接種
(2) 血清療法

<2> 滅菌と消毒
(1) 滅 菌
(2) 消 毒



【6 感染症の検査・治療】
<1> 感染症検査と臨床微生物・医動物
(1) 感染症の徴候・症状
(2) 原因微生物・医動物を検出する検査
(3) 免疫学的検査
(4) 検査材料の採取時の注意点
(5) 検査室からのメッセージ

<2> 感染症の治療
(1) 抗感染症薬
(2) 血清療法(免疫グロブリン製剤の投与)
(3) 外科的療法
(4) 敗血症の治療
(5) 宿主の抵抗力の改善
(6) 症状の緩和
(7) 感染症治療時の看護



<コラム>
◆ 結核と結核菌の対応
◆ 広域食中毒事例
◆ 乳児ボツリヌス症とハチミツ
◆ ワクチン開発の将来―感染症の予防は治療に勝る



・看護師国家試験出題基準(平成26年版)対照表

・索 引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません