商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

ケアに役立つ徹底図解
糖尿病患者の3分の2は65歳以上!
ここがポイント!見てわかる高齢者の糖尿病
糖尿病のケアに役立つ用語集つき
困ったときに役立つ「あるあるエピソード」を掲載!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 2,484円(本体2,300円+税)
発行 : 2017年10月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5変型判 80頁
ISBN-10 : 4-8404-6199-6
ISBN-13 : 978-4-8404-6199-3
商品コード : T280680

糖尿病高齢者のQOLを支えるケアがわかる

自覚症状が乏しく、合併症が怖い糖尿病。介護職・看護職が知識を身につけ、糖尿病の利用者を注意深く見守り、気持ちに寄り添うケアを提供することで、安全で快適な生活の手助けができる。高齢者ならではの注意点も含め、身近な事例とイラストでわかりやすく解説。

東京大学大学院 医学系研究科 教授 門脇 孝 監修

目次を表示

・はじめに 糖尿病の高齢者のホンネ、介護職の悩み、そして看護職の想い
・糖尿病の利用者 3つのチェックポイント



【第I部 こんなとき、どうする? 糖尿病高齢者の食事、薬、生活状況、合併症】
<1 食事の管理がむずかしい!>
◆1.揚げ物大好きで高エネルギー、ごはんを残せなくてついつい食べすぎ。どうする?
◆2.甘いもの大好き、おやつがやめられない。どうする?
◆3.お酒が大好きで、やめられない。どうする?
◆4.昨日から風邪気味で、今朝は食事がのどを通らない。どうする?

<2 薬の管理がむずかしい!>
◆1.あまり食べていないときでも、薬は普通に飲んだほうがいいの?
◆2.薬を飲み忘れた! どうする?
◆3.ほんとうにちゃんと服薬できているか、不安。どうする?
◆4.インスリンの注射、していないみたい。どうする?

<3 生活状況に注意!>
◆1.運動と言われても、家の中の移動がやっと。どうする?
◆2.はりきって散歩に出掛けたけれど、大丈夫?
◆3.眠れないといつも訴えているけれど、大丈夫?
◆4.歯周病があるけれど、歯磨きはどうする?

<4 合併症が怖い!>
◆1.目が見えなくなる!?
◆2.水が飲めなくなる!?
◆3.最悪、足を切断することに!?
◆4.認知症の発症率が高くなる!? うつにもなりやすい!?



・インスリンについて知ろう!
・Column 糖尿病の人は、がんになりやすい!? /糖尿病だと、手術ができない!?



【第II部 けっこう深刻 糖尿病あるある!】
〔エピソード1〕「たぶん、糖尿病の薬を何か飲んでいる」と自信なさそうなAさん。今日は風邪気味で、食事がすすまない様子。
〔エピソード2〕「朝から何も食べてない!」と怒ってばかりのBさん。実は、みたらし団子をごはん代わりに爆食!
〔エピソード3〕人工透析は苦痛。家族と絶縁して、何も楽しみがないというCさん。食事は、菓子パンやインスタントラーメンばかり。
〔エピソード4〕ヘモグロビンA1c が徐々に悪化、現在は10.4%のDさん。もしや、インスリン注射の打ち忘れ!?
〔エピソード5〕認知症のEさん、同居の奥さんも愛猫も糖尿病。喫煙をとがめられると、イライラして攻撃的に。



・知っておくと 糖尿病のケアに役立つ用語集

・index
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません