商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

留置場面のWEB動画付き
頭蓋内動脈ステントのすべて
コイル併用からFlow Diverter・ICADまで
巻末資料:ステント別ガイディングカテーテル・マイクロカテーテル対照表付き

立ち読みお気に入り追加
定価 : 10,800円(本体10,000円+税)
発行 : 2017年04月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 176頁
ISBN-10 : 4-8404-6146-5
ISBN-13 : 978-4-8404-6146-7
商品コード : T540350

明日から使えるフローダイバータ入門

頭蓋内動脈に留置する、コイル塞栓術支援用ステント(Enterpriseほか)、flow diverter(Pipelineほか)、頭蓋内動脈狭窄用ステント(Wingspanほか)について、経験豊富な臨床家が使い方のTips & Pitfallも含め、詳しく解説。治験中、国内外で開発中のデバイスについても詳述。

動画閲覧は下の画像をクリックしてください

神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科部長・ 総合脳卒中センター長 坂井 信幸 編集

目次を表示

・推薦のことば
・序文
・編集・執筆者一覧
・WEB動画の視聴方法
・本書掲載のデバイスについて



【1章 総論 : 頭蓋内動脈ステントの特徴】
◆1.頭蓋内動脈ステントの種類(金属/構造/目的)
◆2.頭蓋内動脈ステントの抗血栓マネジメント(抗血小板薬の上手な使い方)
◆3.頭蓋内動脈ステントの可視化(画像撮影)
◆4.頭蓋内動脈ステントの流体解析



【2章 各論 : 頭蓋内動脈ステントを用いた治療の実際】
<A.コイル塞栓術支援用ステント>
◆1.Enterprise VRD
◆2.Neuroform EZ
◆3.LVIS
◆4.Liberty

<B.Flow Diverter>
◆1.Pipeline Flex
◆2.FRED
◆3.Surpass

<C.動脈硬化性頭蓋内動脈狭窄症に用いるステント>
◆1. Wingspan
◆2. バルーン拡張型ステント



【3章 新しい機器の開発と今後】
◆1.日本の機器開発 - NCVC-CS1
◆2.次世代の頭蓋内動脈ステント - 分岐部脳動脈瘤治療機材を中心に
◆3.機器の開発とわが国における展開,今後の展望



・巻末資料の使い方
・索引
・編者紹介



【巻末資料 : ステント別ガイディングカテーテル・マイクロカテーテル対照表】
(1)-1 Enterprise VRD(Prowler Select Plus)使用時
(1)-2 Enterprise VRD(Headway 21)使用時
(2)-1 Neuroform EZ(Excelsior XT-27)使用時
(2)-2 Neuroform EZ(Marksman)使用時
(3)-1 LVIS Jr(Headway 17 Advanced)使用時
(3)-2 LVIS Jr(Scepter)使用時
(4) LVIS(Headway 21)使用時
(5) Liberty(Velocity)使用時
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません