商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

インフェクションコントロール2015年秋季増刊
職種別タスク一覧表つき!
感染対策チームの全仕事まる見えタスクファイル
立ち上げも、継続も、ICT活動200%ミラクルアップ!

立ち読みお気に入り追加
定価 : 4,320円(本体4,000円+税)
発行 : 2015年11月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : B5判 264頁
ISBN-10 : 4-8404-5138-9
ISBN-13 : 978-4-8404-5138-3
商品コード : M091551

ICTの全業務を洗い出したタスク集決定版

ICTの全仕事をタスク集としてまとめた初の本。ルチーン業務はもちろん、感染症発生時の対応や地域連携など活動別にタスクを洗い出し解説した。また、ICTメンバーの職種別全仕事もタスク一覧に。これからICTを立ち上げる、ICT活動を盛り上げていくメンバー必読の一冊。

岐阜大学医学部附属病院 副病院長/生体支援センター長/教授 村上 啓雄 編著

目次を表示

・ダウンロードのご案内
・編集にあたって



【総論 ICT活動とは】
村上啓雄(岐阜大学医学部附属病院)



【第1章 ICT活動をはじめよう】
◆01 メンバーを集めて役割分担しよう
川口辰哉ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆02 職種間の連携
宮川寿一ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆03 活動時間
宮川寿一ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆04 ICTの予算の立て方
中田浩智ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆05 知っておきたい費用感
中田浩智ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆06 物品・部屋をそろえる
藤本陽子ほか(熊本大学医学部附属病院)

◆07 目標・年間計画の立て方
藤本陽子ほか(熊本大学医学部附属病院)



【第2章 ICTに関わる各メンバーの役割】
◆01 医師がやること・心得
青木洋介(佐賀大学)

◆02 看護師がやること・心得
内山正子(新潟大学医歯学総合病院)

◆03 臨床検査技師がやること・心得
山本 剛(西神戸医療センター)

◆04 薬剤師がやること・心得
高橋佳子(兵庫医科大学病院)

◆05 事務職員がやること・心得
丸田奈美ほか(宮崎大学医学部附属病院)

◆06 管理者がやること・心得
鈴木克典ほか(産業医科大学病院)



【第3章 ICTの日常の仕事:ルチーン業務】
◆01 サーベイランス、常にチェックしておくインジケータとなるもの
坂木晴世(西埼玉中央病院)

◆02 ラウンド
坂木晴世(西埼玉中央病院)

◆03 マニュアル作成・更新
小美野 勝(埼玉県済生会栗橋病院)

◆04 交差感染防止
小美野 勝(埼玉県済生会栗橋病院)

◆05 現場への介入
小美野 勝(埼玉県済生会栗橋病院)

◆06 コンサルテーション
黒須一見(荏原病院)

◆07 アウトブレイク防止
黒須一見(荏原病院)

◆08 職業感染の予防と対応
黒須一見(荏原病院)

◆09 針刺し・切創の予防と対応
黒須一見(荏原病院)

◆10 外部調査の対応
細田清美(福井県済生会病院)

◆11 加算算定要件をクリアするためのルチーンワークとそれを対策に生かすヒント
細田清美(福井県済生会病院)

◆12 加算の申請手続きに関すること
細田清美(福井県済生会病院)

◆13 病院機能評価の手続きに関すること
細田清美(福井県済生会病院)

◆14 啓発活動:リンクナース内の勉強会
菅原えりさ(東京医療保健大学大学院)

◆15 啓発活動:病院感染対策勉強会
菅原えりさ(東京医療保健大学大学院)

◆16 情報収集・発信のコツ、役立つ情報源まとめ
菅原えりさ(東京医療保健大学大学院)

◆17 ICT活動結果の残し方、示し方
菅原えりさ(東京医療保健大学大学院)



【第4章 感染症発生時・流行時の仕事】
◆01 感染症発生情報の収集・共有・発信
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)

◆02 アウトブレイクの早期発見・早期対応のためにしておくこと
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)

◆03 アウトブレイク発生時の対応
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)

◆04 外部組織への対応
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)

◆05 保健所への対応
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)

◆06 メディアへの対応
田辺正樹(三重大学医学部附属病院)



【第5章 ICT活動の継続・レベルアップ・モチベーションアップの工夫】
◆01 人材育成、人員増加
美島路恵ほか(東京慈恵会医科大学附属病院)

◆02 リンクスタッフ
美島路恵ほか(東京慈恵会医科大学附属病院)

◆03 認定資格の取得、更新、進学
美島路恵ほか(東京慈恵会医科大学附属病院)



【第6章 地域連携・近隣施設のサポート】
◆01 感染防止対策加算を通じた連携
村上啓雄ほか(岐阜大学医学部附属病院)

◆02 中小医療機関のサポート─行政機関や保健所との連携を含めて─
村上啓雄ほか(岐阜大学医学部附属病院)

◆03 その他の連携─在宅医療・介護老人保健施設等のサポート─
村上啓雄(岐阜大学医学部附属病院)





【コラム】
◆01 感染防止対策加算の使い道
村上啓雄(岐阜大学医学部附属病院)

◆02 感染症(専門)医がいるとこんなにいい
笠原 敬(奈良県立医科大学附属病院)

◆03 疫学専門家がいるとこんなにいい
鈴木智之(滋賀県衛生科学センター)

◆04 ICNが他職種に知っておいてほしい3つのこと
坂木晴世(西埼玉中央病院)

◆05 新製品の評価の仕方
深尾亜由美(岐阜大学医学部附属病院)

◆06 学会に行くメリット
平岡康子(旭川赤十字病院)

◆07 厚生労働省JANIS事業公開情報の活用方法
鈴木里和(国立感染症研究所)

◆08 記者会見の対応
大毛宏喜(広島大学病院)

◆09 地域連携
有瀬和美ほか(高知大学医学部附属病院)

◆10 保健所との日ごろのつきあい方
村上啓雄(岐阜大学医学部附属病院)

◆11 2人目ICNとの業務分担
柴谷涼子(地域医療機能推進機構大阪病院)

◆12 電子カルテ用端末を感染対策に活かそう
真栄城咲子(琉球大学医学部附属病院)



・索引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません