商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

Vascular Lab 2012年増刊
解剖がわかれば走査がわかる
決定版 超音波検査テクニックマスター ~頭部・頸部・胸部・上肢編~

立ち読みお気に入り追加
定価 : 8,640円(本体8,000円+税)
発行 : 2012年10月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A4変型判 372頁
ISBN-10 : 4-8404-3944-3
ISBN-13 : 978-4-8404-3944-2
商品コード : M191251

実践に役立つ検査方法や評価方法の伝授

血管走行や解剖が理解できる上、超音波検査法を主軸に、装置設定から実際の検査テクニックとコツ、評価方法、疾患との関連、特徴的なエコー画像の解説などを徹底伝授。専用サイトで多数の動画も閲覧でき、座右の書として実際の検査に活用できること間違いなし。

医療法人 松尾クリニック理事長/松尾血管超音波研究室室長 松尾 汎 監修

神戸大学医学部附属病院神経内科・SCU 特命講師 濱口 浩敏 編集

社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院 集中治療室部長 西上 和宏 編集

目次を表示

・序
・超音波検査に役立つ解剖図 部位別にわかるインデックス


■第1章 頭部編
・1 経頭蓋カラードプラ法(TCCD)の基本手順とコツ(側頭骨窓アプローチ)
・2 経頭蓋超音波検査(TCDS)の基本操作とコツ(大後頭窓アプローチ)
・3 TCDの基本手順とコツ
・4 MESの評価について
・5 狭窄・閉塞病変の評価
・6 クモ膜下出血の脳血管攣縮診断
・7 小児経頭蓋エコーの基本手順とコツ
・8 眼動脈エコーの基本手順とコツ


■第2章 頸部編
・1 プリセットを考える
・2 頸動脈エコーの基本手順とコツ(CCA,ICA)
・3 頸部動脈エコーガイドラインの比較
(日本超音波医学会と日本脳神経超音波学会・栓子検出と治療学会合同ガイドライン作成委員会)
・4 きちんとしたズーム機能の使用方法について
・5 総頸動脈血管径の評価
・6 IMTの意義(max,mean,自動計測)
・7 SCA-IMT計測の意義
・8 プラーク計測と分類
・9 不安定プラークについて
・10 Jellyfish plaqueの臨床像
・11 プラークスコアの臨床的意義
・12 Stiffness parameterβについて
・13 NASCET法とECST法
・14 血流速度で狭窄率を評価する
・15 CEA・CASの際に頸動脈エコーで注意するポイント
・16 外頸動脈エコーの基本手順とコツ
・17 側頭動脈エコーの基本手順とコツ
・18 椎骨動脈エコーの基本手順とコツ
・19 同時にわかる甲状腺エコー
・20 同時にわかるリンパ節エコー
・21 同時にわかる神経根エコー 頸部神経根


■第3章 胸部編
・1 胸部大動脈瘤のスクリーニングと計測
・2 大動脈解離を経胸壁エコーで診る
・3 大動脈解離を経食道心エコーで診る
・4 大動脈壁のプラークを診る
・5 冠動脈と内胸動脈を診る
・6 エコーガイド下の中心静脈穿刺
・7 肺塞栓症を診る


■第4章 上肢編
・1 上肢の動静脈のみかた
・2 カテーテルの穿刺部合併症
・3 VAの診かた VAのスクリーニングから病的所見,カテーテル治療のエコー評価とサポートについて


■第5章 症例編
・1 もやもや病(頭蓋内,シャンパンボトルネックサイン)
・2 STA-MCA吻合術(浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術)
・3 パーキンソン病への応用
・4 アルテプラーゼ静注療法における経頭蓋超音波モニタリング
・5 頸部回旋と椎骨動脈病変
・6 高安動脈炎
・7 側頭動脈炎
・8 頸動脈解離
・9 椎骨動脈解離
・10 鎖骨下動脈狭窄
・11 カテーテルと血栓
・12 Paget-Schroetter症候群
・13 胸郭出口症候群
・14 レイノー病
・15 大動脈二尖弁と上行大動脈拡大
・16 マルファン症候群
・17 Kommerell憩室


・執筆者一覧
・索引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません