商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

輸液&観察看護手帳
簡単・まるわかり 輸液Nursing Note

立ち読みお気に入り追加
定価 : 1,296円(本体1,200円+税)
発行 : 2012年04月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A6変型判 128頁
ISBN-10 : 4-8404-4060-3
ISBN-13 : 978-4-8404-4060-8
商品コード : T020130

輸液管理,患者の観察に自信がもてます

看護師は患者の体液・電解質障害を管理する役割がある。どの病棟でも輸液は日常的な医療となった。体液バランスの補正・異常の早期発見という視点から「看護師の観察」に重点をおいた、簡単・まるわかりポケットブック。

正誤表

日本赤十字社 和歌山医療センター看護部認定看護師会 編著

目次を表示

・はじめに
・執筆者一覧


■1 輸液の基本理解
●1 輸液とは
・(1) 体液管理のための輸液
・(2) 栄養補給のための輸液
・(3) その他治療のための輸液

●2 輸液療法と観察
・(1) 輸液療法中の観察
・(2) 輸液量決定のために
・(3) 輸液療法の副作用


■2 対象によって注意を要する輸液管理
●1 高齢者の輸液
・(1) 高齢者の特性
・(2) 高齢者への輸液の注意・観察ポイント
・(3) 高齢者への輸液の実際
・(4) まとめ

●2 小児の輸液
・(1) 小児の体液生理の特徴
・(2) 小児の輸液管理の特徴
・(3) 小児の輸液管理の実際

●3 がん患者の輸液
・(1) がん患者の観察のポイント
・(2) がん患者のケアのポイント


■3 症状によって違う輸液管理
●1 脱水
・(1) 脱水とは
・(2) 脱水の原因
・(3) 脱水の種類
・(4) 脱水の鑑別と症状
・(5) 脱水の治療
・(6) 高齢者の脱水

●2 溢水
・(1) 溢水とは
・(2) 溢水の原因,病態,症候
・(3) 溢水時の検査データ
・(4) 溢水時の輸液
・(5) リフィリング期には注意
・(6) 高齢者

●3 心不全
・(1) 心不全とは
・(2) 心不全の輸液の特徴
・(3) 心不全の輸液管理の注意点

●4 感染症
・(1) 感染症の輸液の特徴
・(2) 感染症の輸液管理上の注意点

●5 術後
・(1) 術後の特徴
・(2) 術後輸液の実際
・(3) 術後輸液の観察のポイント

■4 各場面によって違う輸液管理:看護師の観察
●1 輸液負荷したとき
・(1) 輸液負荷時,輸液過多の注意点
・(2) モニタリングのポイント
・(3) 特定の臨床例に対する注意点

●2 利尿薬を使用したとき
・(1) 利尿
・(2) 利尿薬

●3 IN-OUTバランス
・(1) IN-OUTバランスとは
・(2) 代謝水
・(3) 排液量
・(4) IN-OUTの概算
・(5) IN-OUTバランスをバランスシートに記録

●4 配合禁忌
・(1) pHによる配合変化
・(2) 溶解液での変化
・(3) 光での変化
・(4) 吸着

●5 漏出すると危険な輸液
・(1) 血管外漏出を起こすと組織障害を起こす薬剤
・(2) 血管外漏出の予防対策
・(3) 血管外漏出発見時の対応

●6 麻薬・毒薬・劇薬
・(1) 麻薬
・(2) 毒薬
・(3) 劇薬


■5 治療としての輸液
●1 抗生剤
・(1) 抗生剤の選択
・(2) 抗生剤投与時の注意点
・(3) 薬効の低下防止
・(4) 抗生剤の投与時の注意点

●2 抗がん剤
・(1) 抗がん剤とは
・(2) レジメン
・(3) 抗がん剤を安全に取り扱うために
・(4) 抗がん剤を安全に投与するための注意点
・(5) 血管外漏出
・(6) アレルギー様反応

●3 静脈栄養
・(1) 静脈栄養とは
・(2) 静脈栄養の適応
・(3) 静脈栄養の方法
・(4) 静脈栄養に使用される製剤

●4 昇圧剤や降圧剤
・(1) 昇圧剤
・(2) 降圧剤

●5 輸液ポンプ,シリンジポンプ使用時
・(1) ポンプの種類
・(2) 作動状況の確認
・(3) 使用時の注意点
・(4) 事故防止の工夫
・(5) 観察項目


・索 引
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません