商品検索



キーワード

スペース区切りで
複数の用語を検索できます。

病棟・外来・訪問 HOTスタッフ必携
在宅酸素療法ケアマニュアル

立ち読みお気に入り追加
定価 : 3,888円(本体3,600円+税)
発行 : 2012年03月
在庫 : 在庫あり(申込可)
サイズ : A5判 344頁
ISBN-10 : 4-8404-3723-8
ISBN-13 : 978-4-8404-3723-3
商品コード : T170290

在宅酸素療法の基本的な知識とケアを解説

在宅酸素療法(HOT)に関して、疾患解説や機器などの基本的な知識に加えて、心理的・倫理的な面を含めた看護ケアのポイントをまとめた1冊。看護ケアの実際や患者自身の工夫を数多く紹介し、外来、病棟、訪問すべてのスタッフがすぐに使えるマニュアル。

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 慢性疾患看護専門看護師 竹川 幸恵 監修

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 編

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 呼吸器内科主任部長 石原 英樹 監修

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 呼吸療法認定士 荻野 洋子 監修

目次を表示

・序文
・執筆者一覧


■第1章 HOTに関連する病態と患者への影響
●1. 呼吸不全の病態
・1) 1型呼吸不全
・2) 2型呼吸不全
・3) 呼吸中枢とCO2ナルコーシス
・4) 呼吸困難感

●2. 診断と治療
[COPD]
・1) 定義とガイドライン
・2) 疫学
・3) 危険因子
・4) 症状と病態
・5) 診断基準と病期分類
・6) 画像診断
・7) 安定期の治療法
・8) 増悪期の管理

[間質性肺炎]
・1) 間質性肺炎とは
・2) 特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)を中心に
・3) 間質性肺炎に対する在宅酸素療法
・4) 急速な呼吸困難出現時の対応

[肺結核後遺症]
・1) 肺結核後遺症
・2) 病態生理
・3) 診断
・4) 治療

[気管支喘息]
・1) 病態
・2) 診断
・3) 治療
・4) 喘息と呼吸不全

●3. 患者の体験とQOL
・1) HOT患者の体験
・2) クオリティ・オブ・ライフ(quality of life:QOL)


■第2章 HOTの適用と導入
●1. HOTの適用と導入
・1) 在宅酸素の目的
・2) 呼吸不全の病態
・3) 適応基準
・4) 酸素投与の実際
・5) 酸素療法の目標
・6) 諸問題
・7) 教育・指導
・8) 導入時のチーム医療
・9) 在宅移行時のポイント
・10) HOTにおける地域連携の実際

●2. 酸素供給装置とインターフェイス
・1) 酸素供給装置
・2) インターフェイス

●3. 患者教育
・1) HOT管理:導入時
・2) 日常生活動作
・3) 栄養指導
・4) 感染予防
・5) 禁煙指導

●4. 酸素流量設定の実際
・1) 基本的な知識
・2) 事例でみる酸素流量評価の実際


■第3章 継続看護
●1. 退院調整
・1) 退院支援と退院調整
・2) 病棟における退院支援
●2. 呼吸器看護専門外来
・1) 呼吸器看護専門外来の意義
・2) 看護専門外来における看護師の役割
・3) 療養指導のポイントと内容
・4) 継続看護:病棟,外来,地域
・5) 看護専門外来の様子
・6) 患者の体験と看護師の関わりを多くの医療者へ


■第4章 終末期ケア
●1. 呼吸器疾患の終末期医療
・1) 終末期医療と緩和ケア
・2) 非癌・慢性呼吸器疾患患者の終末期とは
・3) 告知の困難性
・4) 終末期の呼吸管理
・5) 呼吸困難と緩和ケア

●2. 終末期看護の考え
・1) HOTは終末期医療なのか?
・2) HOTの生命予後
・3) 価値観
・4) 自律的決定
・5) 終末期
・6) 意思表示シート
・7) 人工呼吸について考える
・8) 死生観
・9) 終末期における支援
・10) 緩和ケア


■第5章 看護ケアの実際
●1. 看護介入
・1) 看護介入の視点
・2) 看護介入に必要な理論

●2. HOT導入時におけるアドヒアランスへの介入
・1) 慢性呼吸不全患者が在宅酸素療法とともに生きるということ
・2) HOT導入時におけるアドヒアランスへの支援

●3. セルフマネジメント支援
・1) HOT継続に必要なセルフマネジメント能力
・2) 高齢,独居でHOT導入となった患者のセルフマネジメントの支援
・3) HOT継続のためのセルフマネジメント支援

●4. QOL向上のための支援
・1) HOTを続ける患者のQOLとは
・2) QOL向上につながった事例:高流量酸素が必要なCOPD患者
・3) HOTを行いながらQOLを向上させるための支援

●5. 終末期にある呼吸器疾患患者の生きることへの支援
・1) 呼吸器の慢性疾患患者が終末期を生きるということ
・2) COPDの末期と診断され,長期化する入院生活を援助した事例
・3) A氏から学んだ,終末期の慢性疾患患者への看護

●6. HOT患者の意思決定支援
・1) COPD患者の意思決定支援とは
・2) 自宅での死を望むHOT患者の事例
・3) 人工呼吸器による生活を受け入れた患者の事例
・4) COPD患者への意思決定支援の実際


■第6章 資料と解説
・1) 介護保険について
・2) 障害福祉サービスについて
・退院予定患者の相談事例


■付録
・1. 呼吸器ケアの知恵袋
・2. 医療スタッフ指導用資料:酸素療法を行う際におさえておくべきこと
・3. 災害・停電に対する備え
・4. 火災予防に向けて:火気取り扱いに関する注意


・索引
・あとがき
・監修者紹介
カートに入れる

※書籍・商品の発送についてはご利用ガイド3の②をご確認ください。

以下のネット書店でもお求めいただけます。
  • amazon.co.jpで買う
  • セブンネットショッピングで買う
  • 楽天で買う
投稿はこちらから

クチコミ

クチコミの登録はありません